アクセス株式会社 > アクセス株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件選びで注目したい方角のポイントについてご紹介

賃貸物件選びで注目したい方角のポイントについてご紹介

≪ 前へ|物件のご紹介♪(127)   記事一覧   物件のご紹介♪(128)|次へ ≫

賃貸物件選びで注目したい方角のポイントについてご紹介

カテゴリ:お部屋探しのポイント

賃貸物件選びで注目したい間取りや方角のポイントについてご紹介

賃貸物件を探す場合、立地条件や角部屋と中部屋の違い、階数の違いなど気になる点がたくさんありますよね。

併せて注目したいのが、方角についてです。
それによって、いろいろな違いがあるからです。
ここでは、方角によって異なる点についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件の間取りで留意したい点について

風水的なお話になりますが…鬼門、北東は鬼が出入るする方角であるとされています。

同様に、南西の方角を裏鬼門と呼び、こちらもあまり良くない方角と言われています。
間取り的に、上記の方角にはトイレや台所、玄関がないほうが良いとされています。
風水的なお話は、気にする方も気にしない方もいらっしゃるかと思いますが、ご興味ある方はご参考まで

賃貸物件の方角それぞれのメリットについて

方角によって、得られるメリットが異なります。
南向きは、一日中明るく暖かいといった良さがあり、東向きは朝の光が強いのですっきりと目覚められたり、午前中明るいといった良さがあります。
朝の寒さが気になる時季も、東向きの賃貸物件であれば、比較的暖かく感じられるのも魅力です。
西向きのメリットは、午後暖かいことと、夕日がきれいに見えることです。
あまり人気のない北向きでも、夏比較的涼しく過ごせるという良い点があります。
さらに、北向きは比較的賃料が安めの場合が多いので、経済的な魅力もあります。

賃貸物件の方角それぞれのデメリットについて

それぞれの方角にもデメリットがあります。
南向きは、夏暑く感じられやすい点や人気の方角のため賃料が比較的高い点がデメリットです。
東向きは夏の午前中が暑くなりやすい点、西向きは夏の午後が暑くなりやすい点と冬の午前中が寒く感じられやすい点がデメリットです。
さらに北向きは、冬寒かったり暗く感じられることがデメリットです。
上記のようにそれぞれデメリットもあります。
単身で生活するのか家族で生活するのか、または家を留守にする時間帯などそれぞれのライフスタイルに合った方角の賃貸物件を選ぶと良いでしょう。
また、暑さに強い、寒い方が落ち着くなど好みで選ぶことも良いと思います。

まとめ

賃貸物件を選ぶ際は、方角にも注意しながら選ぶことをおすすめします。
どの方角にもメリットとデメリットがあるので、自分のライフスタイルや好みなどに合ったものを見つけてください。
私たちアクセス株式会社は、東中野・中野坂上を中心に賃貸マンションや賃貸アパートを扱っております。
ベテランスタッフが真摯にサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|物件のご紹介♪(127)   記事一覧   物件のご紹介♪(128)|次へ ≫
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • 更新情報

    2022-05-16
    スタッフブログ更新しました!【オススメ物件139
    2022-05-09
    スタッフブログ更新しました!【オススメ物件210
    2022-05-02
    スタッフブログ更新しました!【オススメ物件138

    更新情報一覧

  • スタッフブログ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    アクセス株式会社
    • 〒164-0003
    • 東京都中野区東中野5丁目3-1
    • TEL/03-6908-9671
    • FAX/03-6908-9672
    • 東京都知事 (2) 第99416号
  • 更新物件情報

    2022-05-17
    スターハイム北新宿の情報を更新しました。
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る