アクセス株式会社 > アクセス株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸住宅の共用部分とは?ベランダやバルコニーについて解説

賃貸住宅の共用部分とは?ベランダやバルコニーについて解説

≪ 前へ|物件のご紹介♪(115)   記事一覧   物件のご紹介♪(116)|次へ ≫

賃貸住宅の共用部分とは?ベランダやバルコニーについて解説

カテゴリ:お部屋探しのポイント

賃貸住宅の共用部分とは?ベランダやバルコニーについて解説

引っ越しを検討している方で、共用部分はどこに該当するのか、見当がつかないという方もいらしゃるかもしれません。
専用利用ができるベランダや共用のバルコニーについて解説していきます。
とくに一戸建てとは異なる部分もあるので、ぜひチェックしておきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸住宅の共用部分とは?

共用部分とは、マンションやアパートなどの区分所有建物のなかの、居住者や賃貸人であればだれでも利用できる部分のことです。
たとえば、上下階に移動する階段やエレベーター、誰しも歩ける廊下は共用と呼べるでしょう。
反対の言葉でもある専用部分は、分譲マンションのように購入によって区分所有権を持つ部分のことを指します。

賃貸住宅の共用部分とは?:ベランダ

洗濯物を干したり、火災などが発生したときの脱出場所として利用されます。
万が一のときに避難できるよう、隣との仕切りは簡単に破れる素材でできています。
もしベランダに大きなものを置いてしまうと避難できない、逃げ遅れてしまうことに繋がるため、物置など大型のものは設置できません。
また避難時だけでなく、ベランダとは賃貸住宅全体の景観にかかわる部分です。
大きなものを置くだけでなく、窓の交換や塗装などをしてはいけません。
ベランダは専用使用権が認められている「共用部分」となります。

賃貸住宅の共用部分とは?:バルコニー

インナーバルコニーやルーフバルコニーなどさまざまな種類がありますが、どのバルコニーも広さがあってくつろげるのが特徴です。
机やいすを置いたり、小さなテントを置きたいと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、専用使用権が認められているだけで「共用部分」であることを念頭に置きましょう。
手すりに布団を干したいなど、短時間ではあるものの複数回おこなうものも基本的に却下されると思っておく必要があります。

まとめ

賃貸住宅の共用部分や専用部分は、実はかなり分かりにくくなっています。
ベランダやバルコニーは専用使用権が認められている「共用部分」なので、専用部分ではありません。
専用部分と勘違いして勝手にものを置いてしまうと、火災など万が一のときに避難できないなどトラブルに発展する可能性があるため、置いてはいけません。
私たちアクセス株式会社は、東中野・中野坂上を中心に賃貸マンションや賃貸アパートを扱っております。
ベテランスタッフが真摯にサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|物件のご紹介♪(115)   記事一覧   物件のご紹介♪(116)|次へ ≫
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • 更新情報

    2022-05-16
    スタッフブログ更新しました!【オススメ物件139
    2022-05-09
    スタッフブログ更新しました!【オススメ物件210
    2022-05-02
    スタッフブログ更新しました!【オススメ物件138

    更新情報一覧

  • スタッフブログ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    アクセス株式会社
    • 〒164-0003
    • 東京都中野区東中野5丁目3-1
    • TEL/03-6908-9671
    • FAX/03-6908-9672
    • 東京都知事 (2) 第99416号
  • 更新物件情報

    2022-05-17
    スターハイム北新宿の情報を更新しました。
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る