アクセス株式会社 > アクセス株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 宅配ボックス付き賃貸住宅のメリットデメリットとは?

宅配ボックス付き賃貸住宅のメリットデメリットとは?

≪ 前へ|物件のご紹介♪(109)   記事一覧   物件のご紹介♪(110)|次へ ≫

宅配ボックス付き賃貸住宅のメリットデメリットとは?

カテゴリ:お部屋探しのポイント

宅配ボックス付き賃貸住宅のメリットデメリットとは?

インターネット通販の利用者は、年々増加傾向にあります。
オンラインで注文し、自宅に荷物を届けてくれるインターネット通販は利便性が高く、今後も利用者は増加の一途をたどると考えられます。
しかし、日常的に外で働いている方の場合、荷物を受け取れないことが多い、といった問題があるのも事実です。
本記事では、宅配ボックス付き賃貸住宅に住むメリットやデメリット、ボックスの種類などについて解説しましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

宅配ボックス付き賃貸住宅のメリット

宅配ボックス付き賃貸住宅で暮らす魅力としては、いつでも荷物を受け取れることが挙げられます。
毎日自宅ですごしている方はともかく、外へ働きに出ている方は、荷物を受け取れるタイミングが限られています。
専用のボックスが備わっている物件なら、不在時にも荷物を受け取ることができるのです。
また、直接配達員と顔を合わせることがないため、防犯の観点からも優れています。
一人暮らしをしている女性や高齢者の場合、配達員を装った強盗の被害に遭わないとは限りません。
専用ボックスで荷物を受け取れば、直接顔を合わす機会がないため、このような被害を未然に回避できます。

宅配ボックス付き賃貸住宅のデメリット

利便性の高い宅配ボックスですが、このような設備が整った賃貸住宅は、家賃が高めに設定されていることがあります。
また、家賃はそれほど高くなくとも、管理費を高めに設定しているケースが少なくありません。
そのため、月々の固定費が高くなってしまうデメリットが考えられます。
また、専用のボックスとはいえ、すべての荷物を受け取れるわけではありません。
ボックスの大きさは限られているため、大きな荷物や生ものなどは受け取れないのです。
さらに、機械式ボックスの場合、配達員のミスで荷物を受け取れなくなる可能性もあります。
このような注意点があることは覚えておきましょう。

賃貸住宅にある宅配ボックスの種類

日本国内の賃貸住宅で広く採用されているのは、機械式と電気式の2種類です。
機械式は、ダイヤル式とも呼ばれるタイプで、配達員が暗証番号を設定して荷物を保管します。
入居者は、不在票に記載された暗証番号を確認し、ダイヤルに打ち込み解除したのち荷物を受け取る仕組みです。
一方の電気式は、液晶のタッチパネルで操作をおこない、解錠するタイプです。
タッチパネルに暗証番号を打ち込む、もしくは専用のIDカードをかざすなどして、解錠します。

まとめ

宅配ボックス付きの賃貸住宅に住む魅力や注意点について解説しましたが、いかがでしたでしょうか。
専用ボックスが備わっている物件なら、外出が多い方でも荷物をいつでも受け取れます。
頻繁にネット通販をしている方にもおすすめです。
私たちアクセス株式会社は、東中野・中野坂上を中心に賃貸マンションや賃貸アパートを扱っております。
ベテランスタッフが真摯にサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|物件のご紹介♪(109)   記事一覧   物件のご紹介♪(110)|次へ ≫
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • 更新情報

    2021-10-18
    スタッフブログ更新しました!【オススメ物件113
    2021-10-11
    スタッフブログ更新しました!【オススメ物件112
    2021-10-04
    スタッフブログ更新しました!【オススメ物件111

    更新情報一覧

  • スタッフブログ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    アクセス株式会社
    • 〒164-0003
    • 東京都中野区東中野5丁目3-1
    • TEL/03-6908-9671
    • FAX/03-6908-9672
    • 東京都知事 (2) 第99416号
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る